会員の声(ブログ)

八ヶ岳jomon楽会 会員の声ブログ

縄文時代最古の丸木舟

縄文の丸木舟
 トール・ヘイエルダールは、1947年トトラで組んだバルサ(筏)コンティキ号で、ペルーからポリネシアへ、フンボルト海流に乗って航海実験をしてみせた。それに比べ、縄文の遺跡から出土した丸木舟は、火で焦がしながら一本の丸太をくりぬいて作ったものであり、大洋航海には向いていないとされている。しかし、四方を海に囲まれている日本列島で、賢い縄文人が海を利用しなかったわけがないといつも考えている。現在、縄文の丸木舟は日本各地から約160艘見つかっている。
 
 2015年2月23日付日経Webでうれしい記事を見つけた。それによると、2017年完成予定の東京外郭環状道路工事に伴う調査の際、千葉県市川市の「雷下遺跡」から日本最古の丸木舟が出土したという。その舟はニレ科ムクノキをくりぬいており、全長約7.2m、幅50cm、厚みは舟底部の端で約8cm、船首部分は40cmあるので、実際の長さはほぼ7.6mあるとのことだ。私が見たことのある鳥浜貝塚や中里貝塚の舟はどれも長さ6mほどだったので、さらに大きいのだと想像している。
 しかも、今まで出土している丸木舟は縄文後期から晩期にかけてのものがほとんどで、5500年以上さかのぼれるのは数例にとどまっているが、この舟は7500年前縄文早期のもので、我が国最古の丸木舟だ。

 三内丸山遺跡で見つかった霧ヶ峰産黒曜石や糸魚川の翡翠は、日本海を行く海上ルートで運ばれたという説があり、神津島の黒曜石も海を渡ってきている。日本の海は縄文人の漁場だけでなく、交通ルートだったのではないかという夢が湧いてきた。
 富山県が出している逆さ地図(日本が上の地図)を見ると、日本列島はガーランド(花綵)列島だというのがよくわかる。樺太から南西諸島へかけて点々と美しい弧を描いている。点々と島々を伝って縄文人は海を利用していた。日本現代人が久しく忘れている海の交通手段、海をフル活用していた縄文人を見習わなければとおもう。
記: 山本 郁子

写真説明:雷下遺跡         中里貝塚(北区飛鳥山博物館展示)の舟と舳先


驚きの北村人

 秋の研修旅行での衝撃は、長野県立歴史博物館で見学できた4000年前の北村遺跡の人々です。丁寧に葬られたそのまま残っていて、保存処理され木箱に収められていました。見学の途中から神妙に向かい合いました。美味しいお酒を造った人かも、土器つくりが上手な人かも、「何が得意でしたか?」と聞けば答えてくれそうに近くに感じました。「現代人に出会った北村人の皆さん、ご感想はいかが?」とも聞きたいです。

 中野市立博物館、高山村民俗考古館、須坂市立博物館を廻ったわけでしたが、衝撃の北村人に他は薄れてしまいました。

 考古学にはいろんな出会いがあるとつくづく感じます。今後も驚きの出会いを期待しています。                            新村 優子


北の縄文を巡る旅

ファイルイメージ

つれづれ日記 武居八千代


 研修旅行にて、大湯環状列石、三内丸山遺跡、是川縄文館を廻った。
特異な列石、大きな建物跡、太い柱痕、独特の土器、土偶、いずれも初めて目にするものでおおいに好奇心をそそられ、楽しんだ。
大きな建物、石の配列、人力を合わせても、大変な仕事だ。
大陸の青銅器を思わせる土器は薄く、精緻な模様で次の時代に優るとも劣らない。
つやつやとした漆製品は黄金よりも光り輝く。
赤く塗られていた土偶は髪を結い上げ着飾っている。
不思議、不思議の世界である。
家があり、食糧、生活用品があり、衣食住が揃う。この生活を維持するのに、人々は拠り所となるものに支えられて、日々を送っていたのだと思う。
もちろん太陽、月、星、に願い、土偶に祈った祭りは大きな拠り所であったろうが。
子供の手形足形を大切に身に付け、日々、一心不乱に仕事をする。この日常が一番の拠り所ではなかっただろうか。
その結果うまれたのが、精緻な土器であったり、美しい赤い色の櫛や太刀、ツルツルに磨かれた石器である。
作り上げたときの達成感がひしひしと伝わってくる出来栄えである。
共同体のリーダーは一人でなく、神の声を聴く人もいるし、柱を立てる技術を持つ人や、狩猟に巧みな人、等々の共働がうまくいっていたに違いない。
はるか昔の人々と向かい合い、想像の世界を楽しんだ三日間だった。

皆様ありがとうございました。


カワシンジュガイの輝き     新村優子

広々と続く野辺山高原で、旧石器時代の遺跡を巡りました。
発掘中の矢出川遺跡、白樺と笹に埋もれた柏垂遺跡の現地に立ち、はるか数万年まえの人々が眺めた、草原、山、空、 鹿の群れが蘇り、目の前に現れるような気がしました。
谷合いの縄文早期、栃原岩陰遺跡では、せり出した岩の下にある洞窟に身を乗り出し、土の匂い、草木の匂いを感じました。たくさん出土し、今では絶滅してしまったというカワシンジュガイの美しい輝きを見ると、暗い洞窟の中、炎に照り返すシンジュ色の光沢に、当時の人もきっと心が和んだに違いなく、心豊かな生活があったと思われました。
山の中腹にある、縄文中期の大深山遺跡。フワフワとした足元に住居跡、石積み跡が残され、見上げると木々の梢。出土した土器は諏訪とは違い、小ぶりで、根気よく描かれた縦線、横線。地域それぞれ独自の世界があったと想像しました。
以上日帰り研修に参加させていただいた感想を書きました。あいにくの雨天ではありましたが、盛りだくさんな1日を過ごすことができました。皆さんに感謝申し上げます。


ページの先頭へ