トピックス

HOME > トピックス > 「八ヶ岳jomon楽会」会長挨拶

初心に戻って、会名称を変更、あらためて

日本文化のルーツ、縄文文化の魅力を世界に発信する活動を進めます

      八ヶ岳jomon楽会 会長 会田 進 

                  

縄文人は日本人の直接の先祖であり、私たちの肉体に縄文人の血が流れていることがDNA研究で明らかになっています。つまり、縄文文化は日本文化の原点、ルーツということです。その縄文文化の一大中心地の一つは、私たちが住んでいるこの八ヶ岳山麓を中心とする諏訪の地です。縄文の都とも、縄文王国ともいわれている理由です。

 

縄文人の心を学ぶ

現代人が学ばなければならない縄文文化は大きく三つあると考えています。

一つは、「地球にやさしい心」です。豊かで便利な社会を追求してきた人類は、自然資源を利用することによって文明を生み、階級と競争の社会を生み出しました。そして今、自然と共生して生活していた地球に優しい縄文人に学び、無秩序に自然を破壊した開発を反省し、「かけがえのない地球」を護らなくていけないことに気付き始めました。縄文人は、自然の恵みを巧みに利用して、川や海、森、原の資源から有用な食料や生活資材をたくみに獲得して多用な生業を営む、人類史上最も優秀な狩猟採集民といわれています。自然資源を活用する地球に優しい生活力は、未来の人類発展のために必要な知恵ではないでしょうか。

 二つは、縄文人の「人にやさしい心」です。技術革新と資源の乱用によって人類は繁栄に猛進してきました。ようやく武器を持たず、戦争を知らない、人にやさしい縄文人の心を知り、戦争と侵略の歴史を繰り返してきた過去を反省して、平和と友好と寛容の人に優しい縄文文化を学ぶことを始めました。「和」を尊びすべての神を受け入れる日本人の考えは、争うことをしなかった縄文人から受け継いでいるのかもしれません。戦争を知らない縄文の思想を今こそ世界に広めていく必要があります

そして三つは、縄文土器にみる雄大、躍動、華麗な文様の美を作り出した縄文人の「美しいモノを創り出す心」です。ホモサピエンスが芸術性豊かな感性を持ち、その血を継ぐ縄文人が豊かな感性で芸術的造形に優れていることを知った私たちは、日本文化の深層には縄文文化が潜在することに目覚め、豊かな心を取り戻そうとしています。この縄文文化を代表する遺物が縄文土器です。女性の顔といわれる顔面把手、湧き上がる雲や水流のような流動的文様、立体的把手など、世界史の中でももっとも装飾性豊かな原始芸術といわれています。ユネスコの精神に基づいた民族の尊厳である伝統文化を誇りに思う心を育てるためにも、縄文文化はその原点であることをアピールしていく必要があります。

 

自然の恵みをたくみに活用した生活の達人縄文人に学ぶ

そして今、GDPと自然環境の狭間に立つ私たちは、持続可能な社会を醸成させてきたであろう縄文人に、その文化や時代に、ロマンや探究心を駆り立てられているのではないでしょうか。

縄文文化の中心地である諏訪から、私たちは偉大な祖先である縄文人の文化を、心を世界に伝えていきたいと思います。諏訪湖と八ヶ岳を見るとき、はるか太古の縄文の大地を想い、私たちの人類の未来に夢を持ちたいと願っています。

また、技術革新や利潤の追求に明け暮れてきた現代人は、縄文時代の文化を学ぶことによって、「自然と共生」して、「個人の尊厳」を確信し、「創意・工夫」する縄文人の文化の高さを広めて、心豊かな社会の実現に少しでも寄与していきたいと考えます。

こうした理念を、声を大きく訴えることも必要ですが、私たちのささやかなグループは、縄文人の知恵を体験、体感して周りの人に広めていくことから始めようと会を発足しました。阿久(原村)・井戸尻(富士見町)・尖石(茅野市)といった地域に拘束されず、八ヶ岳山麓・諏訪地域を包括する活動が目標です。そのために阿久という言葉をはずした名称として、総会に新しい名称「八ヶ岳jomon楽会」を提唱しました。長い説明になりましたが全文は会発足の当初の提案を少し書き直したものの、中身は変わりありません。


ページの先頭へ